ブランドとはラグジュアリーな製品やサービスだけのものではありません。
イメージ戦略でビジネスをしようという話でもありません。
選択肢があふれる今、選ばれ、選ばれ続ける商品やサービスであるために必要なことこそ、
ブランド力です。

ブランドの意味

ブランドイメージ

ブランドとは消費者・ユーザーにとって「特定の意味をもっている」ということです。

商品やサービスは選択をする場面の情報で何が選ばれるのかが決まることもありますが、多くの場合、それだけではなく、その人自身が持っている何らかの記憶、「特定の意味」に結びつけられて判断をされるのです。

得選ばれるための「特定の意味」を消費者・ユーザーの心に残すことがブランディングであり、それができている商品やサービスが強いブランドということになります。

絞る、それがブランド戦略

「特定の意味」を心に残すためには、自分たちの商品やサービスが「何を約束するのか」を明確にしなければなりません。これがブランド戦略です。
様々な商品があふれている今の時代では、いろいろなことを約束してもいろいろな人を引き付けることはできません。「特定の人」に「特定の約束をする」、それがブランド戦略です。
マーケターとしては対象者が少なくなることはとても不安だとおもいますが、絞る、ということだけがブランド戦略を明確にする方法です。

約束を果たし続ける、それがブランディング

ブランディングをするためには、その時点でのすべての活動を一貫させること、時間軸に沿って一貫したことをやっていくことが必要です。ブランド戦略である「特定の約束」を「果たし続ける」。これを繰り返すことによってのみ、ブランド力は積みあがっていきます。

「商品ブランディング」「企業ブランディング」を支援します。

商品でブランディングをしたい場合、企業としてのブランディングをしたい場合、豊富な経験とネットワークで、それぞれの目的に最適なサポートをします。

お問い合わせはこちら


当社がファシリテートするマーケティング研究協会「ホリスティック・マーケティング研究会 」にご参加ください。